パブリックアート「チャージングブル(Charging Bull)]

マンハッタンにあるパブリックアートのひとつ
チャージングブル(Charging Bull)

(人が多すぎて近寄れず(涙))

 

1987年に起こった株式マーケットのクラッシュ後
「ブラックマンデーを乗り越えたり向かっていこう!」という
ポジティブな意味合いを込めて 
アーティストのArturo Di Modicaが自費製作した作品で

1989年にニューヨーク証券取引所の前に許可も取らずに
勝手に設置したゲリラアートです。

 

そのあとに現在のブロードウェイ沿いに移されて

NYの観光名所のひとつになっていました。