朝から気分が上がらない…そんなときは脳をだましちゃえ!

「目覚めがいい!気持ちいいね!」

と起きられるのは朝は理想だよね。

わたしはここ1年ぐらい起きるのがつらくて気分が落ちている朝が多くて

そんな自分を責めて…自己嫌悪になり

負のループへ行ってきまーすw

 

「あ~朝がきたなぁ~。早く夜にならないかなぁ~」

そんなことを思い、昼すぎまでベッドのなかで

日中時間稼ぎするときも多々ありました。

 

夕方になればご飯作って

お風呂入って寝る準備をして

また夢(非現実の世界)にいけるから。

 

「わたし、何をしているのだろう?」と

わかりつつもカラダが動かず

なにより思考が動かない。

プラスな思考に動かないくせに、自分を責める思考だけはしっかりと動く。

 

なんとまぁ、脳ってすごいのだろう。

そう、「脳」ってすごい生き物!

 

 

いい気分も悪い気分も悲しい気分もつらい気分も

脳が指令だしているだけ。

もちろん、心が傷ついているときもある。

ほとんどは脳の勘違いw

と、いうことは脳の勘違いを変えてあげれば(騙す)

気分を上げられるってことじゃん!

 

でも、

脳をだますってどうするの?!

 

わたしが実践してよいと感じた【脳みそだましBEST 5

1、「口角を上げること(笑顔)」

  お箸やストローなどを加えて強制的に笑顔になるのも効果的!

 

2、「朝にポジティブな言葉を言うこと(思う)」

  例)今日も気持ちよい一日だ。自分が好きだ。今日も仕事がたのしいぞ!

 

3、「カラダを動かす」

  ヨガ、ランニング、散歩、ストレッチ、筋トレ、水泳、なわとびetc…

 

4、深く呼吸をする

  呼吸は血の巡りをよくして、脳へ酸素を送ってくれる

  酸欠状態の脳みそちゃんは苦しくなる(物事を悪く考える)

 

5、朝起きてすぐにしたいことをする

  何個かパターンを決めておく

  わたしはヨガ、英語の勉強、執筆 

ひとつに絞って「しなきゃ!」よりも

「決めたなかのひとつでも行動に移したわたしってエライ~♪」ぐらいの気持ちでOK

 

行動をすることによって脳をいい方向へだますことができるの。

身体→脳→マインド(心)

この3角形をグルグルまわっているイメージかな。

もちろん、どこからはじめてもいいよ。

 

わたしはカラダから動かすことがあっているみたい

 

「朝起きられないのはやる気がないからだ!

 気合だ!気合だ!気合だ!」

って気合だけじゃあどうにもならないことってあるのよね~w

 

そんなときはカラダを動かして

脳をうまく活用して

カラダとココロ(ここでは気持ち)をつなげてみよう♪